NuVasive®, Inc.
A
A

Anterior Thoracolumbar

胸腰椎は、17個の椎骨(胸椎12個と腰椎5個)と仙骨から形成されています。 胸腰椎前方に多く認められる病態には、変性椎間板症(DDD)、変性すべり症、変性脊柱側彎症、隣接椎間障害、椎体腫瘍、椎体外傷などが挙げられますが、これに限定するものではありません。 NuVasive®では、胸腰椎前方に影響を与える上記その他の病態治療向けに設計された複数のシステムとともに、幅広い手術ソリューションを提供しています。

NuVasiveのイノベーションをご紹介します。 以下の手術法を選択してください。

Anterior Thoracolumbar

XLIF®

身体の側面から行う低侵襲外科的処置です。独自の神経モニタリングを利用して、幅広い脊椎病態を治療します。

神経モニタリング

  • NVM5™ 神経モニターシステム

    脊椎手術時の神経モニタリングEMG/MEP/SSEP、および状態評価
    認証番号:223ADBZX00079000

アクセス用インストゥルメント

  • MaXcess® 4 レトラクター(MaXcess4 手術器械セット)

    レトラクターおよびインストゥルメント
    届出番号:13B1X10169000002

椎体間

  • CoRoent® XL PEEKケージシステム,
    コロエントシステム チタンケージX Plus,
    コロエントシステム チタンケージX

    椎体間/VBRインプラント
    承認番号:22500BZX00197000
    承認番号:22400BZX00485000
    承認番号:22400BZX00416000

固定

  • XLP™ 脊椎プレートシステム

    ラテラルプレートシステム
    承認番号:22400BZX00309000
  • ARMADA™ Deformity スパイナルシステム

    後方固定システム
    承認番号:22400BZX00282000

XLIF® Corpectomy

腫瘍や外傷を伴う脊椎病態を治療するための低侵襲外科的処置です。

神経モニタリング

  • NVM5™ 神経モニターシステム

    脊椎手術時の神経モニタリングEMG/MEP/SSEP、および状態評価
    認証番号:223ADBZX00079000

アクセス用インストゥルメント

  • MaXcess® 4 レトラクター(MaXcess4 手術器械セット)

    レトラクターおよびインストゥルメント
    届出番号:13B1X10169000002

椎体置換術

  • X-CORE™2 VBRシステム

    伸張型椎体置換機器
    承認番号:22600BZX00462000

注:本ウェブサイトに記載された外科的処置において、本ウェブサイトに掲載されたNuVasive製品のいずれかまたはすべてを使用する必要はありません。 NuVasive製品の厚生労働省による承認または登録認証機関における認証を受けた具体的な適応については、当該製品の医療従事者向けの添付文書を参照してください。