NuVasive®, Inc.
A
A

Posterior Occipito-Cervico-Thoracic

首、すなわち頚椎は、7個の椎骨(C1-C7)から形成されています。 頚椎後方に多く認められる病態には、頚髄症、不安定脊椎、骨折/脱臼などが挙げられますが、これに限定するものではありません。 上記の病態に多く用いられる外科治療には、頚椎後方椎弓切除術、頚椎後方固定術、椎弓形成術、固定術などが挙げられます。また、こうした治療法は、頭蓋底(後頭部)までの範囲から上位胸椎までの範囲に適用できます。 NuVasive®では、VuePoint® OCTシステムなどの後頭-頚部-胸部(OCT)の治療用製品を提供しています。

NuVasiveのイノベーションをご紹介します。 以下の手術法を選択してください。

Posterior Occipito-Cervico-Thoracic

PCF

脊髄または神経根圧迫の治療を目的として、頚部の後方から行う外科的処置です。1つ以上の関節を固定します。

神経モニタリング

  • NVM5™ 神経モニターシステム

    脊椎手術時の神経モニタリングEMG/MEP/SSEP、および状態評価
    認証番号:223ADBZX00079000

固定

  • VuePoint™ OCTフィクセイションシステム

    後頭-頚部-胸部後方固定システム
    承認番号:22400BZX00346000

    本品は、後頭骨-頚胸椎移行部の外科的矯正と脊椎を一定の形状に固定保持し、骨癒合を補助することを目的とした脊椎内固定用器具であり、以下の症例等の脊椎障害の治療のために使用する。

    • 変性疾患
    • 外傷
    • 腫瘍
    • 炎症性疾患
    • 再手術

     

注:本ウェブサイトに記載された外科的処置において、本ウェブサイトに掲載されたNuVasive製品のいずれかまたはすべてを使用する必要はありません。 NuVasive製品の厚生労働省による承認または登録認証機関における認証を受けた具体的な適応については、当該製品の医療従事者向けの添付文書を参照してください。